美 顔 鍼 の 流 れ


ここでは一般的な美顔鍼治療の流れを説明致します。あくまで一般的な治療の流れですので患者さん個人個人の状態に応じて治療の流れは変わりますのでご了承ください。


1. 最初にデコルテから肩首、顔、頭部へマッサージ

まず初めにデコルテから始まり、肩首へマッサージをして筋肉を緩めておきます。首とデコルテは顔からの老廃物を流すリンパの流れ道ですのでここが硬いままですと顔から余分な老廃物が流れません。
そこから顔の筋肉である表情筋をほぐしていきます。最後に頭皮までマッサージをして終了となります。
アトピーなどのトラブル肌の方には十分な注意を払いますのでご安心ください。




2.顔全体に鍼を打ちます。


ここから顔面部に鍼を打ちますが初回のカウンセ リングで気になる部分と全体的に鍼を打ちます。 大体30本~50本くらいは打ちます。

鍼は置鍼法と言って15分くらいそのままにしておきます。 鍼の太さや本数は患者さんの肌の状態に合わせて変えていきます。




3.患者さんの状態に応じてオプション治療


美顔鍼が終わった後は患者さんのお肌のトラブルの状態に応じて高周波、アクアクリーン、頭皮治療、顔筋マッサージなどを行います。

ニキビ肌には顔筋マッサージとアクアクリーンで顔の老廃物を徹底的に除去します。

顎に異常があったり、しわ伸ばし、小顔には高周波をかけていきます。


4.最後に美肌パックをして終了です。


最後に美肌パックをして終了となります。