imagehsp1.jpgHSP(ヒートショックプロテイン)とはガンの温熱治療の中から発見された特殊なたんぱく質です。身体を加温することによって得られる熱ストレスによって一番多く出現するたんぱく質であるのでこの名前が命名されたそうです。 このHSPは異常になったたんぱく質を修復し、細胞を強化します。(すべての外的障害、病気、 ストレスで悪くなるのはたんぱく質だからです。)

HSPは、いわばトランプの「ジョーカー」のようなタンパクです。HSPはどんな障害の時にも有効だからです。色々な薬がありますが薬は特定の病気、特定の障害にのみ有効です。どんなときにも有効なHSPと、特定の時にだけ有効な薬との大きな違いです。



imagemeneki1.jpg人間の体を守るもう一つの機能として免疫と言うものがあります。 HSPと免疫は働きは似ていますが大きな違いがあります。免疫の場合は入ってきた病原体(ストレス)に特異的に起こり免疫を獲得します。別の病原体(ストレス)には免疫を示しません。しかしその効果は一生涯続きます。 それに対してHSPはどんなストレスに対しても抵抗性を示し、どんな時にでも出せるのですが二日後をピークに1~4日間です。(何にでも効くがすぐに効果は無くなる)。 ですからこのHSPを常に身体に持ち続けるためには一定期間をあけながら定期的に加温することが重要になってくるのです。





ページの先頭へ



























山梨県甲府市青沼3-18-15

予約 055-235-6930
LINE予約 ID:aonumahari
my_qrcode_1397614022015.jpg
日曜定休日
平日9時~19時最終予約
土祭9時~16時最終予約