自律神経失調症とは?

私たちのからだの中の神経には、「体性神経」と「自律神経」という2つの神経があります。

体性神経は、自分の意志で働く神経です。 熱い、暑い、痛いなどの感覚を脳に伝えたり、脳の指令でからだを動かすように作用します。

一方、自律神経は、自分の意志で働かせることのできない神経です。内臓や血管、瞳孔、汗腺などの働きは、この自律神経によって支配されています。心臓の動き、血圧、食べ物の消化、体温の調節など、生命を維持するうえで重要な体の機能をコントロールしているのが、自律神経なのです。


自律神経は二つの神経に分かれる。

自律神経には交感神経と副交感神経という2つの神経があります。
これらは対照的な働きをもっていて、ほとんどの器官はこの2つの神経が同時に働くことで維持されています。



・ 交感神経の主な働き

呼吸が速くなる、心臓の動きが速くなる、血管が収縮する、血圧があがる、胃腸の働きを抑える、膀胱が広がる、子宮が収縮する。



・ 副交感神経の働き

呼吸が遅くなる、心臓の動きが遅くなる、血管が広がる、圧が下がる、胃腸の働きを活発にする、膀胱が収縮する、子宮が広がる。

以上のように交感神経は運動をしている時など、体を活発に活動させる時に働く神経です。逆に副交感神経は体がゆったりとしている時に強く働きます。例えば、食事中、睡眠中などです。

自律神経失調症はこの交感神経と副交感神経のバランスが崩れるときに現れる症状で、同時にいくつもの症状があらわれるケースが多く見られます。

また、同じ症状がずっと続くのではなく、変わっていくのも自律神経失調症の特徴のひとつ。
例えば食欲不振やめまいなどの症状があったかと思うと、次には頭痛や肩こりなどがあらわれたりすることがあります
人によっても、症状のあらわれ方はさまざま。同じ病気とはいっても、微熱や動悸に悩まされる人もいれば耳鳴りや不眠に悩まされる人もいます。


・ 全身症状   疲れやすい、めまい、不眠、集中力欠如
・ 精神症状   不安感、無気力、記憶力低下
・ 頭部     頭痛、頭が重い
・ 耳      耳鳴り、耳の詰まり感
・ 皮膚     かゆみ、多汗、じんましん
・ 手足     しびれ、冷え、ほてり
・ 目      目の疲れ、涙目
・ 口      口の渇き、味覚の異常
・ 呼吸器    息苦しい、息切れ、のどの違和感
・ 循環器    動悸、不整脈、立ちくらみ
・ 消化器    食欲不振、胃の痛み、下痢
・ 泌尿器    頻尿、残尿感、尿が出にくい
・ 生殖器    月経不順、月経痛、不妊

自律神経失調症の原因は脳への血流障害


自律神経は大脳の視床下部という場所でコントロールをしています。
西洋医学的なMRIやCTの検査では何ら異常は見られません。
それなのに何故自律神経が狂うのでしょうか?

それはズバリ脳への血流障害です。

脳への血流障害は首の筋肉が固くなってしまい、椎骨動脈や頸動脈を圧迫してしまい、脳への酸素がうまく行きわたらないのが原因です。

・ 脳は莫大な酸素を消費するのです!

脳は全体重の5%くらいなのですが酸素を全身の20%以上消費するのです。

少しでも脳へ奇麗な血液が行きわたらないとうまく動いてくれません。その結果自律神経の不調をきたすのです。
その原因が首のコリなのです。
昨今はスマホやパソコンの普及により下を向いていることが多くなったせいか、首への負担が増大しているのです。
当院でも部位別に見ましたら一番多いのが首のコリなのです。

・ 首コリの原因

1 スマホやゲームのやりすぎ
2 交通事故などのムチ打ち

現代人の首コリの原因は上記の二つが殆どを占めています。特にスマホの普及が拍車をかけています。若い人を中心にスマホを手放せない人が多く、しかも長時間にわたってみていますので眼精疲労も重なって首コリを複雑なものにしているのです。


頭頸部境界線のコリを取り除け!!


頭頸部境界線とは頭と首の境目に位置する場所です

頭と首の境目には通常隙間があって、そのすきを神経や血管が通っています。そして脳へ奇麗な血液を送り、活動を終えた汚い血液が戻ってくるのです。

しかしこの部分が詰まってしまいますと脳へ奇麗な血液が行きわたらなくなるばかりか、代謝を終えた汚い血液が排出されにくくなるのです。

重症な患者さんほど首のコリが激しいので頭と首の境目が分からなくなっているのです。
最近首が太くなってきた感じがするとか、顔がむくんできた感じがする人はかなり隙間が無くなっているのです。

この頭頸部境界線に鍼治療をして、コリを取り除き隙間を開けてあげれば奇麗な血液が脳全体に行き渡り、自律神経も正常に作動するのです。


首の鍼は怖くない、かなり気持ちいい!!


首は重要な神経が通っているから危険?

世間一般では首は重要な神経が通っているから大丈夫なのか? という質問を良く受けます。

確かに脳中枢神経系は一旦破壊されると基本的には再生が効かない神経ですので重要な神経です。しかし脳中枢神経は頭蓋骨の下に三層の膜で守られていますので実は一番危険性がないのです。

三層の膜とはくも膜、軟膜、硬膜の事で大変固い組織ですので鍼が貫通することは絶対にありえません。

この事を知らないといたずらに怖がる患者さんもいるのですが、実は首のコリはかなり深い位置にまであり、しかも固くなってしまいますので、通常の鍼では効かないことも多いのです。

当院では深く、太い鍼も打てますので重症な患者さんにも対応が出来るのです。
指圧マッサージ整体などでは絶対に味わうことのできない真にツボに当たる感覚を味わっていただけたら幸いです。
殆どの患者さんが気持ちよくて寝てしまうほどなのです!!

ご予約・お問い合わせはこちらから