鍼治療が初めての方や当院での治療を検討している方へ


・ 鍼は怖いという方へ


大変多い質問に「鍼って痛いですか?」という問いかけがあります。

ハッキリ言いますと鍼は痛くて当たり前です。

皮膚を突破してわざとケガをさせることによって自然治癒能力を最大限に発揮するものなので痛み失くして症状は改善されません。

痛みというのは刺すときのチクっとする感覚ではなく、刺された後、体内に鍼が刺さっている感覚の事を言います。

通常はずーん、とかチクチクとかジーンとか刺さっている感覚が表れます。その感覚を脳が感知してその場所に一気に血液を流してコリを解消させるのです。

ですから刺さった感覚がない鍼は打っても意味がないことになります。

ちなみに当院では効きが悪い患者さんには積極的に太くて長い鍼を使用しますが今までだれ一人も痛くて二度と来たくないと言われたことはなく、継続される方が殆どです。



・ 重症な患者さんほど鍼の痛みを感じない


ここで問題なのが重症な患者さんほど鍼の痛みを感じないのです。

「刺すときはチクっとするが刺してしまえば何にも感じない」と訴えるのです。

刺さった後の所謂効いている感覚がないと治療効果が表れないのです。

ですから良く他院で「細い鍼で痛くはないですよ」と謳っているのを見かけますが鍼治療の神髄を分かっていないのかな?と思ってしまいます。
患者さんに合った的確な刺激を与えてこそ症状は改善すると思ってください。

症状が改善されると共に刺されている感覚が強くなっていき痛みを感じるようになるのです。

鍼の痛みが段々と強く感じるようになってきたら症状が改善されてきたと思ってください。



・ 治療に使用する鍼の選定は患者さんに決めて頂きます


当院での扱える鍼の種類はほぼ日本一と自負しています。

どの鍼を打つのかは患者さんに決めてもらいます。

と言いますのも鍼が刺さって感じているかどうかは我々には分からないのです。

当然最初は患者さんも分かりませんので細い鍼から打っていきます。

その刺した感覚で効いているのか?効いていないのか?を判断しながら鍼の選定をいたします。

ですから遠慮なく鍼が痛い、痛くないのかを言って欲しいのです。

なかにはこちらに遠慮して効いてないのに「効いてます」なんて言う方もいらっしゃいますが、どうぞズケズケとおっしゃってください。

その反応を見て鍼の選定やツボの選定をしていきます。

鍼治療は血液診断や画像診断があるわけではないので患者さんの効いたか?効かなかったのか?の判断が唯一治療効果の判断になるのです。



・ こんな症状は効くのか?と心配な方へ


また「こんな症状は治りますか?」という質問も多いのです。

これもやってみないと分かりませんと答えるしかないのです。

と言いますのも回数の件と同じで老廃物を流して血流を促進することが主眼ですので個々の症状が改善するかはやってみないと分からないのです。

ただしこれも来ていただいた患者さんにはかなり満足していただけるものと自負しています。



・どれくらい通えば治るのですか?

「どれくらいの回数で治るのですか?」と質問を受けるのですが、鍼は筋肉中に溜まった疲労物質(尿)を刺激して体外に排出させて症状を改善させるものです。

この老廃物は人によってどれくらい溜まっているのかは分かりません。

また患者さんの代謝能力の違いでも影響を与えますので何ともお答えしかねます。

そして、どこの鍼灸院よりも最短で治しますとしかお答えでないのです。