アキュレの鍼は何故効くのか?

・ 当院にはどこへ行っても治らないと困っている患者さんが大勢来られます。

★ 病院や整骨院に何カ月通ってもなかなか改善しない。
★ 整体マッサージはその場は気持ちいいのだが根本改善しない。
★ 鍼で以前より良くなったのだがもう一歩改善しない。


このような思いをしている方は多いのではないでしょうか?
様々な治療家達が根本治療や、どこへ行っても治らないと言って来院しますとか喧伝していますが、せっかくのうたい文句に希望をもって治療に行っても残念な結果になったことも多いはずです。

当院にはこういった患者さんが多く来院されます。

・ それにはしっかりとした訳があります。

鍼治療でも整体やマッサージ、カイロなどは結局何をしているのでしょうか?
目的は全て一緒なのです。

その目的とは、コリが溜まって固くなった筋肉をほぐして柔らかくし、血管や神経への圧迫を取り除き、血流や神経伝達を改善して痛みや痺れを取ることなのです。

コリとは筋肉中に老廃物が溜まった状態の事を言い、老廃物とは尿酸、乳酸、クレアチニンなどの窒素化合物がメインの成分で簡単に言ってしまえば尿と同じ成分です。

つまりツボとは筋肉が凝りやすい箇所の事です。

もっと言えば老廃物が溜まりやすい箇所の事を言うのです。

この筋肉が凝っているツボを刺激して、老廃物を上手に血液リンパ系の流れに乗せて腎臓まで流してしまい、尿となって体外に排出させてしまえば、筋肉は正常な状態に戻り、痛みや痺れなどの辛さから解放されるのです。


・ ここで大きな問題はツボに溜まる老廃物には深さと、硬さと量があるのです。

重症でどこへ行っても治らないと悩んでいる患者さんは老廃物が深い位置に溜まり、硬くなり、量が多いために治らないのです

これには相応の刺激がないと老廃物は流れてくれませんので指圧整体などの手技では体表の筋肉にしか刺激が届きませんので深い位置にまでは絶対に届きません。

鍼灸治療も細い鍼や短い鍼だと刺激が到達しないのです。

当院の鍼治療は日本でもトップクラスの多く種類の鍼を使用します。

実はその事自体が多くの難病を治すことに繋がるのです。
老廃物が溜まっている位置が深ければ長い鍼を,老廃物が固くなっていれば太い鍼を,量が多ければ回数を重ねなければ治らないのです。

多くの種類の鍼を扱うことが治りにくい患者さんを改善させる最大のポイントとなってくるのです。

当院では日本で使用される一番太い43番鍼まで打てます。
長さも通常の体格の人なら十分な15センチの長さの鍼まで打てます。

扱える鍼の種類の多さこそが鍼灸師の腕の証であり、どこへ行っても治らないと悩む患者さんの希望の光となるのです。

鍼の選定は全て患者さんに決めていただいています。

・健康な人ほど鍼が痛く感じる!!

日本トップクラスの鍼の種類を扱えるのですが一番重要なのが、どの鍼をどれくらい打つのかが最重要ポイントとなります。
当院では患者さんに効いたか、どうかを判定して頂きます。

その目安が健康な人ほど鍼が痛く感じるという事です。

重症度が高い患者さんほど殆ど鍼の痛みを感じません。
鍼は痛みの刺激で血流を改善して病気を治しますので、痛みを感じない鍼は効いていないのです。 
鍼を感じない患者さんに通常の鍼を打っていても効きませんので、太くて長い鍼を打っていくのです。

このときも痛みに対して怖がる患者さんが多いのですがご心配なく。 いちいち患者さんに効果を聞きながら打ちますので耐えられないような痛みを感じることは絶対にありえません。
あくまで患者さんの感覚を尊重して治療を進めていきます。