院 長 紹 介

院長紹介

中込 昌広


昭和41年 9月22日生まれ

一蓮寺幼稚園
甲府市立湯田小学校
甲府市立南中学校
山梨県立甲府東高校
国立大分大学工学部エネルギー工学科
国立大分大学大学院中退
体全矯正専門学校
東洋鍼灸専門学校

趣 味 

歩くくらいのジョギング
山道の散歩
漫画
日本酒(結構うるさい)
猫大好き(マンチカンとアメショー)

 



鍼灸の道へ進むまで

小学生のころ友達に半ば強引に誘われて少年サッカー団に入団しました。

当時の湯田小サッカー部はそれはそれは強くて朝から厳しい練習に明け暮れました。

そのまま惰性で高校までサッカーをしていたのですが、転機は高校の強歩大会です。

若い方には馴染みがないかもしれませんが校内マラソン大会です。

当時は山を上って40キロくらいだったと思いますがいきなり優勝してしまったのです。

サッカーより楽しかったのですが、生来の気の弱さからサッカー部を辞めたいとは言い出せずに大学から陸上部に入り、本格的に長距離走にはまりました。

大学でも頑張ってもう一歩で九州一にまで手が届くところで大きなけがをしてしまったのです。

それをきっかけにあらゆる治療方法を試みました。

宗教にまで救いをもとめた時期もありました。

その後けがの回復がないまま一時はサラリーマンとして働き始めましたが、様々な治療法を受けてみて興味がありましたので、一念発起して27で脱サラをして整体院を開業しました。

整体でも多くの患者さんが来られたのですが、重症者には効きが悪く、鍼灸の道を目指したのです。

しかし鍼灸の道は整体などの手技とは違ってなかなか難しいものでした。

試行錯誤を繰り返し、患者さんに鍛えられ、時間はかかりましたが打てる鍼の種類は日本有数となりました。

まだまだ今の状態に満足せずに究極の鍼治療を目指したいと思っています。